イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ありがとう

外に出れば、買い物をしても、バスに乗っても、いろんな場面で「ありがとう」を言えるのに、
なぜか、一番近い存在の家族に言い忘れてしまうことがある。

例えば家事をしてくれたり、お願いしていたものを買ってきてもらったり、
ちょっとしたことなのだが、家族からやってもらった事に対して「ありがとう」を言いそびれてしまう。
やってもらえることに、慣れ過ぎて当然のことになってるのかもしれない。
面と向かって伝えるのが、なんとなく気恥ずかしいのもある。

相手から「ありがとう」と言われるのも気恥ずかしい。
だけど嬉しい事を思えば、
単純な言葉だけど、顔を見てちゃんと伝えた方がいい。





スポンサーサイト
[ 2012/09/08 07:03 ] 思うこと | TB(0) | CM(0)

タイミング

人との出会いもそうだが、
本、絵画、映画など何にしても絶好の出会いのタイミングがあるように思う。
もちろん、楽しみのための場合はそうとは限らないだろうが、
それでも、同じものでも見る時期によっては感じ方が違って来る。
昨日は、ばかばかしく思えた場面が、今日は笑えるとか。
今日は何の感動もなかったものに、明日は涙を流すとか。

たまたま誰かが不意に発した一言が、
タイミングが合えば、心に響き、新しい一歩を踏み出すきっかけになり、
違えば、一緒に笑い転げて終わる一言かもしれない。

焦っても手に入らない“タイミング”だけど、
自分はどんなコトを待っているのか。ということを、自覚していないと、
うっかり者の私などは見過ごしてしまう。

そして、タイミングの悪さで言えば、ダントツの宅配物。
いや、私のタイミングの悪さか。
今か、今かと待ち構えながらもほんのちょっと留守をしたその時間帯にやってくる。
慌てて自宅に帰ってみると、不在通知の悲しいメモが一枚。
当然ながら、そう全てのことはうまくは行かない。
[ 2012/05/26 21:59 ] 思うこと | TB(0) | CM(0)

変化する

子供の時は、幼稚園や学校の入学、卒業、転校など
自分の意志とは関係なく環境の方が変化していく。
そのうち高校や大学、就職など自分の意志でいろんなことを選択していく。
それでもやはりある程度、そのルールの中にいれば、否が応でも周りが変化していくので、
そこに自分を調整し合わせていく。
その間、自分や周りの変化を不安に思ったり、変化の無い生活を退屈に思ったり。厄介である。

以前、イタリアで製本修行をすると決め、イタリアの地に到着した当初もそうだった。
イタリアで過ごす、常に新しい何かを発見、吸収できる事を喜びながらも、同時に
勝手のわからない、言葉のわからないこの土地で本当にやっていけるのだろうかと
好きで選んだにも関わらず漠然と不安だったことを思い出す。
しかしそれも時間と共に解決し、少しずつ事情がわかってくると、今度は去り難くなった。
そして新しい発見だと思っていた事もイタリアでも日本でも同じようなことが起こりうる事もわかってきた。
もちろんその国特有のものもあるが。


さて、今また私は自分が決めた変化に戸惑っている。
日常を淡々と受け止めることができるようになるまで、
日々、同じ事の繰り返しになり、それを楽しめるまで、あとどのくらい時間がかかるだろう。
[ 2012/05/17 13:19 ] 思うこと | TB(0) | CM(2)

継続すること

仕事でも、趣味でも、
情熱を持った何かを継続させることができる人は尊敬する。

何となく継続してしまったと言う事もあるのだろうが、
やはり、いつもうまく行く訳ではないだろうし、
投げ出したくなる時もあるはずだ。
だけど、やっぱり続ける。
それだけ、その事が好きなのだと思う。

私の周りにも、未来を信じて、自分を信じて、
一つのことを継続し、さらに上を、良いものを目指し続けている人たちがいる。
やっている事は違っても、彼らの話、がんばっている姿を見る度に私は勇気づけられる。
[ 2012/04/19 02:02 ] 思うこと | TB(0) | CM(2)

始めよう!

新しい一年を、新鮮な気持ちで、前向きに何かを始めようと思う時がある。

1月1日の元旦と、
誕生日と、
そして4月1日。新しい季節の始まり。
その他、学校に入学したり、新たな仕事を始めたりするタイミングもそうだ。

日々細かな出来事について日記を書いていないし、
去年の春に何をしていたか細かく覚えているほど記憶力は良くないけれど、
それでも、去年よりは今の方が元気な自分を発見したり、
去年はできなかった事が今年はできるようになっている事に気づくと嬉しい。
私は何ができるようになったかな。何か良い事を継続し続けることができたかな?

健康面では以前より体調の良い自分がいる。
5年程前まではずっと病気と診断される程ではないのだけれど、
何となくアレルギー体質というか、疲れ易い体質であった。
失礼な話だが、自宅または自分の部屋のハウスダストには大掃除などしなければ、そこそこ耐えられても
よその家のハウスダストには敏感に反応し、反応してしまうと、くしゃみ鼻水が止まらない、
目がかゆくなって。。と花粉症のような症状を起こしていた。
自宅にいてもホコリが舞う瞬間は、同じである。
これが春だけでなく、年がら年中続いていた。
早起きや、夜更かしすればこれまた体調悪い。
毎朝、出勤のための朝の身支度さえ困難な程、くしゃみと鼻水がひどく自分でも嫌になったものだ。
性格や生活習慣も影響していたのだろうけれど、ほんとうに厄介であった。

ところがこんな症状が今は随分と改善されている。
ほとんどこの症状を見ない日もある。
日本とヨーロッパの環境の違いもあるかもしれないが、私は、ヨガ効果だと思っている。
5年程前から2~3年、そのころ流行っていたし、教室のあったホットヨガに夢中で通った事がある。
ホットヨガと言うのは、ヨガをする空間を温度40度程度、湿度60%と
サウナに居るような状態に保ち、そこでヨガのポーズを取るのである。
ヨガというと、無茶苦茶なことやるんでしょ?とか、あれはスポーツじゃないよ。などと言われたけれど、
私のやっていたホットヨガについては、
無茶苦茶なことはやらないし、スポーツのひとつだと思っている。
ホットヨガに体験参加した時は、それまでの体力の無さもあり、10分程度でもう無理だと思った。
なんせ部屋の中にいるだけで精一杯なのだ。
おまけにスポーツなんて何もやって来なかった私だ。体力は無いし、身体だって硬いし。。
ところが、私が気に入った理由に、レッスン中は全くしゃべらない事、
またインストラクターも余計なおしゃべりなく静かに説明しながら次のポーズの手本を見せるだけであるから、
自分の身体が動くかどうかは別として、とにかく心地よいのである。
習い事にありがちな、生徒同士、先生とのおしゃべりしながらは一切なく、
インストラクターのポーズが素晴らしいからと生徒が拍手したり、
やたらとお互いを励ましたり、褒め合ってみたりがない。
スポーツが苦手な私の場合、スポーツをする場所でこれらをやられると、一日で嫌になってしまうのである。

ヘトヘトになったにもかかわらず、この一回目の体験を気に入り、
まずは一番少ない回数の回数券を購入し通う事にした。

***続きは次回に***

IMG_0956_convert_20120401200227.jpg




[ 2012/04/01 08:17 ] 思うこと | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。