イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

新しい本?それとも古い本?

製本します。
そこで聞かれるのが、新しい本ですか?古い本ですか?という質問である。
回答は「どちらでもできます」である。

製本とは「印刷物・原稿などを綴じ合わせて、1冊の書物にまとめること」であるため、
本当にありとあらゆるものを製本する事ができる。

ただし、やはり製本するのには時間やらその他材料費やらかかるため、
それをかけても良いと思われるものになってくると思う。
その人にとって思い入れのあるもの、個人的にも公的にも貴重なもの、
直筆の原稿、イラスト、写真、などなど。。

新しい本でも古い本でも、基本的に紙でできたものなら何でも製本できるのだ。

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。