イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

イタリアでイタリア語 その3

さて私が通った学校は通常クラスメイトは3~5名程度。多い時で10名弱の非常にアットホームな学校であった。
クラス数も2~3。初級、中級、上級。
初級の場合は大抵、他の欧米人達もほとんどイタリア語はゼロまたは、ちょっと勉強してきましたの状態なので、
そう差があるようには感じないが、
1週間経ち、2週間経ちするうちに差が歴然となってくるのだ。
日本人の多くは基本の文法を日本で勉強して来ているので、文法は強い。間違いが少ない。
しかし、会話となるとまるっきりしゃべれなくなる事が多い。
これは言語習得度の問題もあるが、
そもそも人前で自分の意見をしゃべる事に慣れていないことも要因のひとつであるように思う。
しゃべる事に慣れていないので、適当に意見を出し合いましょうという事自体が難しいのである。
ついでにこんなことを言ってもいいのだろうか。とか、
こういうと誰かを攻撃したり、傷つけたりしないだろうか。
と言ったような配慮もあるのだろうが。
そこをいくと、欧米人達は、堂々としている人が多いように思われる。
出会った初日から教室の中でもとにかくことあるごとに、
私が、私がとしゃべり続ける愉快な外国人がどこにでも一人はいる。
こういう人を慣れないうちは羨望の眼差しでもって見つめるのであるが、
少ししゃべれるようになって気づくのは、
実はしゃべってること、とにかく文法も単語もめちゃくちゃじゃん。ということだ。
しかし、最初はそれでもいいのである。
仕事となるとそうはいかないだろうが、
その国で暮らして馴染んでいくためには何も言葉を発しないことが一番良くない。
ぐちゃぐちゃでもいいのだ。
何かを伝える、発信する、コミュニケーションを求めることが大事なのだ。
とは言え、、
欧米の言葉は似ている単語も多いし、
例えば母国語が英語である人なんかは、夢中になってしゃべって単語が英語に切り替わったなったところで
周りが理解できるからあまり問題が無いし、
とくにフランス語、スペイン語などのイタリア語と同じ仲間の言語を話す人などは、
さらに互いに理解できる事が多い。
そこを行くとやっぱり日本語は全く違う。
どんな単語もほとんど全く似通ってない。

そんなこともあってか、レッジョエミリアの語学学校の先生が言っていた
一般的に外国人がイタリア語を勉強し始め、大体理解し話せるようになるまでに
フランス人、スペイン人(フランス語、スペイン語を母国語とする人と言う意味も含め)は3ヶ月、
その他のヨーロッパ諸国、アメリカ人が半年、
そしてアジア系は、1年以上ね。と。
スポンサーサイト
[ 2012/02/07 05:40 ] イタリア italia | TB(0) | CM(1)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。