イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

家庭菜園 l'orto

師匠は、集中して仕事をするとき雨戸を閉め、工房内を真っ暗にして
スタンドの、手元の明かりだけで作業する。
今朝も工房へ行くと、真っ暗な中、不思議な音楽を聞きながら作業していた。
目が悪くなりますよ。と言いたくなるが。
そういえば昨日は昼1時間程度、外で電気工事のため停電があった。
暗い中手探りで、というのは大げさだが、窓からの明かりを頼りに作業を続けた。

さて土曜日。すばらしく天気に恵まれた。
街にはわさわさと人が溢れ、自転車で通り抜けるのに一苦労だった。
さて、帽子好きの日本人とからかわれながら、
師匠のお父さんと一緒にトマト、ズッキーニ、バジリコの種を植えた。
本当にこれらの野菜が育つかはわからないが。
初めて家庭菜園を作ってみてわかったのだが、土の触り心地の良いこと。
なるほど子供の頃の泥遊びと一緒だ。(今の子供たちは泥遊びなんかしないかな)

Copy of Picture 1970





スポンサーサイト
[ 2011/04/02 23:02 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。