イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

見えないところ

本の表紙の厚紙もカラフル。
グレーの何とも愛想の無い厚紙もあるのですが、
こんなブルーとピンクの厚紙もあります。
これは、最終的には革や紙で覆われてしまうので全く見えなくなる部分。

どうして色分けをしているのかと師匠に問えば、
女性用と男性用との回答が。

Copy of Picture 2017

実際は・・・
この厚紙に関しては、
厚さによって色がたまたま違うらしい。
この厚紙の厚さもそれぞれの本の大きさ、厚さによって適したものを選ぶ。
スポンサーサイト
[ 2011/04/12 23:25 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。