イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

友情 amicizia

しばしば工房に遊びに来てくれる師匠の友人DAVIDE FRISONIさん。
とっても優しい素敵な画家さんだ。

http://www.frisonipittore.com/

いつもやって来ては。“ほらね”と言って、師匠の仕事を手伝っている。
仕事といっても本作りではなく、
書棚を片付ける。とか、キャビネットを動かすといった力仕事である。
夕方にやって来れば、そのまま私を街まで送っていく羽目にもなるのだが、
全く嫌な顔などせず、私にわかるようにいろいろ丁寧に説明してくれる。

普段はどのような生活スタイルかとたずねると、
一日の半分は外でぶらぶら(?)絵になりそうな写真を撮ったり、
後の半分は工房で絵を描いているらしい。
一度、アトリエを訪ねた際、自宅横のとても素敵な空間だった。

フリゾーニさん、雨の日(雪の日)の道路と、トラックのおじさんたちの顔がたまらなく好きらしい。
トラックのおじさんのモデルは?と聞くと、“いい顔”に出会うとこっそりカメラに納めるらしいが。。

Picture 2106
スポンサーサイト
[ 2011/04/18 20:39 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。