イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Tetsujiya

東京、銀座にある靴屋“TETSUJIYA”(東京都中央区銀座1-20-6)
イタリアンのラ ベットラ ダ オチアイからも程近い場所にある。
オーダーを受けてからその人に合った足型を作り、全て手作業で革靴を作り上げる靴屋がある。
http://tetsujiya.com/index.html
こちらのオーナー哲司さん。
私の尊敬する有言実行の人。靴職人だ。
たまに東京に行く際には忙しいのはわかっていながら、哲司さんと話がしたくて度々お邪魔させてもらった。
靴を作る手を止めることなく話しをする哲司さんの横には、いつも朗らかな笑顔の素敵な冗談好きな奥様が。
「住職(哲司さん)の話が聞きたくなるんですよね」と言えば、
「どうぞどうぞ、いつでも住職の話を聞きに来てくださいね」という具合。
ちなみに哲司さんは住職ではない。
彼のモノの見方、自身の仕事に対する姿勢は共感でき、学ぶことが多い。

さてこちらのお店に私が作製したゲストブックがある。
このゲストブック、いつもは銀座のTETSUJIYAに居るのだが、
4月20日~4月25日の間、兵庫の芦屋で開催のTETSUJIYAの受注会に
哲司さんと奥様、TETSUJIYAの靴と共に出張している。
お近くの方、ぜひゲストブックとTETSUJIYAの靴、見に来てください。

Picture 1926
スポンサーサイト
[ 2011/04/21 07:09 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。