イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ふたりで una coppia

20110419.jpg

大きさの違う二冊の本。
一冊は彼の、もう一冊は彼女の手帳。
もしくは、
一冊はお父さんまたはお母さんが、もう一冊は子供が使う日記帳に。。

実際、このあとこの写真の本は背の部分にボコボコとしたラインが入る
アンティーク風の装飾を施した本に仕上がる。
革と言えば、この色と、思い浮かべるようなきれいな色だ。
この何の変哲もない革の一枚が本の形にしっかり添って、本をくるんでいく。


スポンサーサイト
[ 2011/04/22 07:53 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。