イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

なぜか週末に pasqua

またパソコンが使えなくなった。
前回もそうだが、今回も週末。

昨日24日の日曜日はパスクワ(復活祭)、翌日である今日も祝日で朝の街は静まり返っている。
午後に海岸沿いを歩いてみると、曇りの天気のせいもあったろうが、人影もいつもに比べ少なかった。

このパスクワのランチを家族で楽しむのがこちらの人たちの習慣らしい。
週末から実家に帰ったり、このパスクワの休暇を利用してさらに一週間休むお店もあったりと、
やっぱり楽しむ事にかけての労力を惜しまない人たちらしい。
私のアパートの大家さんもブティックを経営しているのだが、パスクワ前に電話がかかってきて、
電気代の請求書があるけど、パスクワ前に取りに来ないと、私しばらく居ないわよ~。と。
てことは、お店はしばらくお休みするんですね?

さて静かだったパスクワの午後の海岸だが、
夕方になると、昼間の人気の無さが嘘のようにごっそりとみんな散歩に出てきた。
やっぱりたくさん人が居る方が、たかが散歩でも楽しい。
バール(朝はカプチーノにパン、昼はカフェやお菓子、夜はお酒など飲める一日中利用できる)の店先から歩道までせり出して置かれたテーブルには、
これまたどこから出てきたのかという大勢の人がカフェをしながらおしゃべりを楽しみ始めていた。
みんな思い思いのスタイルでパスクワの休日を楽しんでいる。

そして、私は祝日の今日も工房にやってきた。
このブログを師匠のパソコンを使って書くためでもある。
スポンサーサイト
[ 2011/04/25 07:20 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。