イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アーモンド MANDORLE

縦約60センチ×横40センチ程度のオリジナルイラスト本。
この製本も以前、工房で行ったのだが、
このオリジナルイラスト本が売れたとのことで、
この本を収納する箱の依頼があった。

昨日から、休日(パスクワの翌日月曜日は祝日)返上で箱作成をしている。
この箱にもイラストを書いたデザイナーのオリジナル作品を表紙にはるのであるが、
とにかく凝った作りにする。
箱を覆う全体もデザイナーの染めた(描いた)布を用いる。
箱の中もイメージに合わせるため、工房でこの箱専用の紙も作った。
といっても紙すきからではなく、紙にイメージにあった色をつけたのだが。

乾燥させるため、外にでると、地面に大きな薄緑色の産毛の生えた種が落ちている。
何だろう?
頭上を見ると、このコイン程度の大きさの実がたくさんついた木があった。
アーモンドの木らしい。
夏にはアーモンドが食べられるはずだ。
Immagine 005
スポンサーサイト
[ 2011/04/26 13:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。