イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

本になった一枚一枚のイラスト

Immagine 081
工房に来たときは一枚一枚のイラストだった。
これを一枚一枚を綴じるために綴じ部分に別紙をはり、
綴じ合わせ、アーティストオリジナルのイラストが描かれた布で装丁をした。

この本は3冊シリーズで、別途A4サイズほどの大きさの本が出版されている。
これはオリジナルなので、縦50cm×横35cmほどの大型サイズだ。

さて、その後、このオリジナル本の購入者のために
箱作成の依頼があった。
この箱もまた本のイメージにあわせアーティストがこの箱のためのイラストを描き、
これを箱に仕立てていくという、アーティストと製本家の共同作業であった。
実際、同じ場所で仕事をするわけではないが、
イラストの大きさ、箱のどの部分に使用するためのイラストが必要かの調整が必要だ。
この調整段階が愉快であったが。。。
スポンサーサイト
[ 2011/05/11 12:50 ] 今やってます adesso | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。