イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アルコール中毒2 alcolizzata2

さて、ワインが飲めるようにと練習始めたところ、
グッドタイミングでチリンドリーナちゃんからの誘いがあった。
私の住むすぐ近くのレストランで写真撮影の仕事をしているという。
仕事が終わったら、工房からまっすぐそのレストランに来ない?とのことだった。

行ってみると思っていたとおり、そのレストランは
グルメのテノール君がしきりに美味しいと言って勧めてくれていた
“Trattoria Farini トラットリア ファリーニ”だった。
レストランのサイトを更新するための写真撮影をしていたそうだ。
ちなみにチリンドリーナちゃんはカメラマンではなく、グラフィックデザイナーなので、サイトを作るのである。
お店の入り口を見る限り、まさかこんなに広い、中庭まであるとは思わなかった。
しかもとっても雰囲気のいい、かわいいお店だ。
イタリア。
特に旧市街は、古い建物が多く門構えを見ただけでは中がどのようになっているのか全く想像がつかないのである。

さて、撮影後で寛いでいた面々。
美味しいプロシュット(生ハム)を手で一枚一枚カットしたものをつまみにワインを楽しんでいた。
当然、ワイン飲み練習中の私としては、練習の甲斐があったというもので、早速赤ワインをいただいた。
なんだかウキウキしてしょうがない。
天気の良い日の夕暮れ時、素敵なレストランの中庭でオーナー自ら切り分けてくれるプロシュットをイタリアの塩気の無いパンに載せたものとワインと一緒に食べられるなんて。
ワインは幸せも運んでくるようだ。
今までだったらワインではなく、水ですから。

翌朝、工房に行き、今朝は起きれなくてさ。と話すと、
さては昨夜はワインを飲んだな。とこれまた察しの良い師匠である。
まあそうは言ってもグラスに一杯だけなんですけど。

Immagine 187
Trattoria Farini
Via Farini 13/15 Rimini
Tel 0541 709548
リミニの駅から徒歩10分程度、中心地にあるトラットリア、お料理もお店の雰囲気もオーナーもオススメ。
http://www.farini13.it/
↑サイトは現在工事中のようです

スポンサーサイト
[ 2011/05/20 12:44 ] 日々のこと quotidiano | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。