イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アンティーク ANTICO

アンティークに見えるけれど、アンティークではない。
アンティーク風の色合いの革を使い、装飾の製本である。
Immagine 236

アンティークのものは好きだが、経年により、
ほこり、破れなどもあるし、保存状態によっては表紙がはずれていたり、角が擦り切れたり、
好きだけれど、このボロボロを手にするのは。とためらう。
しかし、製本により、新しく生まれ変わるのであれば話は別だ。

こんな装飾の本がずらっと並ぶ書斎に憧れる
スポンサーサイト
憧れ~
私もこんな本がズラーッと並ぶ書斎、本棚、
憧れます・・・素敵♪
eikoさんはお仕事で色んな素晴らしい本、製本を
ご覧になってるし、目が肥えてらっしゃるから
書斎をつくるのも大変でしょうね(笑)
[ 2011/05/30 19:45 ] [ 編集 ]
Re: 憧れ~
そうなんです。
憧れますが、見るだけで精一杯ですね~。
[ 2011/06/02 18:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。