イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Jacqueline Liekens

今、私の愛読書。
愛読書とはいえ、読むというより、見るであるが。
Immagine 237
Jacqueline liekensの書いた製本マニュアルブックである。
扉の彼女の写真を見ると、とても温厚そうな上品な美しいマダムである。

この本、とにかく写真が多く、事細かに解説してある。
フランス語で書かれてはいるが、ルリュールを少しでもやっている人なら(私の場合、写真のおかげで)理解できるし、さらにこういうやり方もある、ああいうやり方もあるといった、新たな発見もあり非常にお役立ちの本である。

といいつつ、自分の本ではない。
そして仕方が無いが、非常に重い。

http://www.faton-beaux-livres.com/livre/reliure-technique-rigueur.3187.php
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。