イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

整理整頓 ordine

休日明けに工房に行くと、かなり散らかっていて悲惨な状況になってる事が多い。
師匠がものすごい勢いで、なりふりかまわず作品製作していたことがわかる。

このため師匠の周りの人たちは、工房はいつも散らかっている、片付居ていない場所であり、
師匠は片付けができない。というような認識である。
しかし、これは間違っている。

実は、師匠は完璧なくらいきっちり片付け上手のきれい好きなのである。
ただ、仕事に夢中になると、他の事が目に入らない。
そして製本道具を大事にする。いつもきっちり手入れしている。
神経質にということではない。
ちゃんと、適切な手入れをしている。
だから、切れないはさみ、カッターなんて無い。
ほとんどできる限り自身で手入れをしている。

ちっちゃなことだけれど学ぶところがいつもある。たくさんある。
私はといえば・・・
気づかなかったのだが、結構いいかげんで、おおよその場所に収納していたようだ。

Immagine 335
スポンサーサイト
[ 2011/06/15 01:00 ] 日々のこと quotidiano | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。