イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

綴る前に preparazione

解体し、
全てのページを洗濯、乾燥、プレスし、
ばらばらにした1枚1枚を2枚1セットで和紙でくっつけて、
これを4セット1組(折丁)で和紙をはった中央部から折り曲げ・・・
と、気の遠くなるような作業をした本。
次は、一冊分づつ針と糸で綴っていくのだが、綴る前にも一仕事。

Immagine 372
仕事がしやすいように仮の表紙になる本と同じ大きさにボール紙をカットし、
見返しになる白紙(本文の色と合わせる)を用意し、これも同様にカット。
革装にするため、後々表紙に貼られる革の厚みを考慮した、作業用の紙をカット。

見返しの背部分には、細長い和紙を貼って補強し、
本文の大きさをそろえるため、一折丁ずつ無駄な部分を丁寧にカットする。
この準備作業が意外と手間取る。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。