イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

和紙の職人.com

“和紙の職人.com”サイトの6月18日付け和紙の瓦版にて、
私の6月17日のブログ記事を掲載していただいた。
http://washi-shokunin.com/blog/

和紙関連の情報とのことで、私のブログにたどりついて下さったらしい。
大変嬉しい知らせであった。

実際、この伝統的な、フランス語でルリユールと呼ばれる、
表紙と本の本体がくっついた形のフランス製本では、しばしば和紙を使用する。
薄くて丈夫でしなやかな和紙は、
繊細で完璧なフォルムを求めるフランス製本には欠かせない素材の一つだ。

イタリア語で和紙は
CARTA GIAPPONESE カルタ ジャッポネーゼ
と呼ばれる。


Immagine 341
スポンサーサイト
[ 2011/06/25 13:46 ] お知らせ Notizia | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。