イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

表紙の見開き

表紙を開いた見開き部分。
ここにも本のイメージに合わせて様々に楽しめる。

革を貼る場合もあれば、
布を張る場合もある。
多くは紙であるが、これにしても
無地のものから、このようなマーブル紙までさまざまだ。
Immagine 474
スポンサーサイト
マーブル!
本を開くと、こんなに美しいマーブル紙が
ある・・・それだけで、もう幸せですね。
このマーブル紙も、先日のミラノの作家さんの
作品ですか?
マーブルの、この何とも言えない模様が
大好きです。
[ 2011/07/28 00:07 ] [ 編集 ]
Re: マーブル!
実は、このマーブル、師匠作なんですよ!
私も気に入っているんです!

> 本を開くと、こんなに美しいマーブル紙が
> ある・・・それだけで、もう幸せですね。
> このマーブル紙も、先日のミラノの作家さんの
> 作品ですか?
> マーブルの、この何とも言えない模様が

> 大好きです。
[ 2011/07/28 03:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。