イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

MONTEFIORE

8月1日~5日に師匠が行う製本ワークショップの詳細打ち合わせに会場であるモンテフィオーレに行ってきた。
http://www.comune.montefiore-conca.rn.it/
castello-solo450[1]
工房から25キロ程離れており、山道を上ったり下ったりくねくねと蛇行しながら到着してみると、
そこは素晴らしく眺めの良い場所であった。
小さな小さな村であるが、
山の頂上にあり今回の会場でもあるモンテフィオーレのお城は数十年前まで個人所有のものだったらしい。
城の屋上からの眺めがまた素晴らしく、周囲をぐるっと一望できる。
山の緑しかり、向こうにはリミニの海を望むことができ、
1日早ければ海の彼方のクロアチア、ヴェネツィアまで見通せたと言うからワークショップ期間中の天気に期待である。

この日は別のワークショップが開催されており、10名近くの人が工房内で
版画を印刷し、仕上げていた。
pierfrancesco1[1]
どうやらバカンスも兼ねて今回のワークショップに参加している人もいるようで、
共通言語は英語である。

城の中では、この城の地下から発掘されたらしい、古い磁器なども展示されてあった。
基本的に観光客がいなければ誰もいない展示スペースのようで、
中央にある休憩用の大きな丸いソファがあまりにも快適で仰向けになっていると、
いつのまにかうとうとと眠り込んでいた。
数分ではあるが城の中で眠られるなんてなかなか贅沢な経験であった。

そして、FABRIANOが協賛しているらしく紙も使い放題だ。
http://www.fabriano.com/p/en/
この紙を使ってワークショップを行う。
紙好きには嬉しい話である。
来週はワークショップの準備に忙しくなりそうだ。
スポンサーサイト
[ 2011/07/23 11:50 ] イタリア italia | TB(0) | CM(1)
No title
空の色、とっても綺麗ですね
こういう空の下でワイン飲んでみたいなぁ

[ 2011/07/25 00:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。