イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

リミニ Rimini

リミニは海の町。
キレイな海とは言いがたいが、砂浜の海岸が続くせいか、
映画監督フェデリコ フェリーニの影響もあるのか、
夏には海を目当てにたくさんの観光客が押し寄せる。
ロシア人やドイツ人が多いと聞くが、
確かに金髪、青い目、透けるような白い肌の人々が町の中心にも海岸にも溢れる。
イタリア人は黒髪、黒(茶)色の目、褐色の肌の人も多いため、国籍の違いはすぐわかる。

昨日、年末大掃除、いやバカンス前の大掃除をした後、
いつもより早い時間に工房を出て、夕方の海を散歩しに行った。
ちょうど夕暮れ時のロマンチックな時間だったのか、
外国人(イタリア人ではない)カップルの
彼の方が熱心に海を背にした彼女を写真に収めまくる姿を何組か見かけた。
どこの国も、どこの観光地でも同じ微笑ましい風景だった。

さて大掃除のとき、師匠が“パスクワの大掃除”をしよう。と言った。
日本では大掃除と言えば、年末12月の掃除のことを指すが、
こちらでは大掃除はパスクワ(復活祭 年によって日はずれるが3~4月)前にするようだ。
スポンサーサイト
[ 2011/08/10 08:41 ] イタリア italia | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。