イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ルリユール 製本工芸

表紙の内側も革細工での装飾を行える。
この場合、本体の製本を行うときに革を貼る厚みを考慮する必要がある。

一冊一冊の本の仕上がりをどうするかを想像しながら
その本の製本をスタートさせる。
Immagine 438
スポンサーサイト
[ 2011/08/16 11:03 ] 製本の世界 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。