イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

色いろ

以前、パリのRELMA レルマ で購入した革である。

IMG_8565_convert_20110825180439.jpg

目につくままに購入したため、どう利用しようか考えながらお蔵入りになっていたのだが、
秋になったら作成しようと検討している本に使ってみようと思っている。

それにしても好みの色は人それぞれなのだが、
“赤”でも紅色、緋色、深紅とまだまだたくさんの赤があり、
赤に何色を組み合わせるかでも限りない組み合わせがある。
まだまだ暑いイタリアであるが、ショーウィンドウを飾るのはすっかり秋のファッションで、
色彩も秋を感じさせるものである。
つい先日まで洗練されていると感じた彩度の高い赤や緑の洋服よりも
落ち着いたシックな色合いの赤や緑の洋服に目を奪われる。
スポンサーサイト
[ 2011/08/25 10:21 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。