イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コラーゲン

週末の夜、友人宅に数人集まり
ピアーダとワインを囲んで過ごした。
ピアーダは自宅で食べる場合、ピアーダ屋ですでに具材が挟まれているものを買って来てもいいし、
スーパーなどでピアーダ(薄いピザ生地のようなもの)や好みの具材を購入し、
どの家庭にも一家に一台あるテスト(ピアーダを焼くための浅くて真っ平らなフライパンのようなもの)で
ピアーダ生地を暖めて食べる。
日本で手巻き寿司をしながらワイワイ食べるような感じで、簡単で楽しい食事だ。
さて、この友人宅に友人のお父さんが好物であるこの地方の名物料理が置いてあった。
豚足とその他豚のあらゆる部分をひき肉にし、ソーセージ状にしたものを煮た料理である。
味付けはあっさりの塩味。
豚足は日本のそれと全く同じ形状をしており、コラーゲンたっぷりだ。
しかし友人は気持ち悪がって全く食べない。
確かに見た目は非常に悪い。
しかし豚足がしっかりトロトロになるまで煮込まれているので
口に入れてみると見た目の悪さは忘れてしまえる。
そして、夏の暑い日差しで確実に衰えたであろう肌に効く事を願って、
チャーハンにでも入れてみようと豚足のお持ち帰りをした私である。
スポンサーサイト
[ 2011/09/04 11:06 ] 食 cibo | TB(0) | CM(1)
No title
へぇ~
イタリアでも豚足はやっぱりあの3本指なのですね。。。う~~やっぱりダメだわ。
共食いv-16
イタリアでも通じますかね?
私は最近「すっぽん小町」ていうすっぽんで作ったサプリメント飲んでいまーす。
[ 2011/09/06 23:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。