イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

革の扱い

革すきナイフ、メス、卓上革漉き機などを使った
革の扱いはいつも緊張していた。
無駄な力を使って、肩が痛くなる事もよくあった。

しかし、苦手意識と刃物を怖いと思っていてはうまくならない。
無理に力を入れても駄目だ。
難しいと思うのを止めて、
大丈夫、大丈夫。と自分に言い聞かせながらやることにした。
そうすると不思議と身体も動く。
うまくいかないときは、道具の手入れができているか、確認する。
ちょっと刃を研ぐだけで驚く程作業がスムーズになる。

ちょっとした道具の点検も怠れない。
同時に前向きな気持ちも持たなければいけない。
簡単そうに思えてついつい忘れてしまう大切なことである。

IMG_0203_convert_20111004042719.jpg
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。