イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドアはそっと閉めて下さい

今朝、工房に行くと玄関ドアに久々の張り紙が。
師匠お得意のGoogleの翻訳システムを使って、日本語が書かれていた。
“私は寝ています。呼び鈴(玄関扉の横についているブザー?)を鳴らさないでください。”
と言った内容とともに軽くドアが開いている。

了解。と、そっと工房に入り、
師匠が住む2階の住居でコーヒーを淹れながら、
(エスプレッソなので、モカという専用のコーヒー沸かしをガスコンロや電気コンロにかける)
1階の工房で軽く掃除を済ませ、コーヒーの様子を見に戻ってみると、
ガスコンロのスイッチが切ってある。
ミラクル。ではなく、コーヒーが沸騰する音が気になった師匠がガスコンロのスイッチを切ったのである。
この時は、ごめんなさい。と心の中でお詫びをしたのだが、

その後、工房に降りて来た師匠から、
呼び鈴は無かったけど、そのあとの扉を閉める音で起きたんだけど。と一言。
ということで、再度作った張り紙には、
“ドアをそっと閉めて下さい”
と書いてあった。
スポンサーサイト
[ 2011/10/06 20:52 ] 日々のこと quotidiano | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。