イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

かき

イタリアにも柿がある。
八百屋で良くみかけるのは、柿が柔らかく熟した状態のオレンジ色のものである。
もちろん固いものもあるが、私はこのジャム状の柿をスプーンですくって食べるのが好きだ。
IMG_0261_convert_20111020205257.jpg

何かと忙しく飛び回っている師匠に代わって
今日は師匠の彼女とお好みやきで昼食を共にした。
ありがたいことに、師匠も彼女もイタリア人ながら
お好み焼きを気に入ってくれている。
もちろんソースは日本から持ち込んだ“おたふくソース”である。
スポンサーサイト
[ 2011/10/20 13:01 ] 食 cibo | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。