イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ダニエレさん

イタリアは今年150歳を迎える。
イタリア共和国になったのはつい150年前のことだ。
エミリアロマーニャにあるレッジョエミリアでは、イタリアの緑、白、赤の国旗が発案された場所であるため、毎年1月7日に祭典が行われる。
今年はイタリア共和国150年を祝うためジョルジョ・ナポリターノ大統領も出席するらしい。ちなみにシルビオ・ベルルスコーニは首相である。

さて、このレッジョエミリアに住むイラストレーターのダニエレ・ルンギーニ
さん、毎年個展を開催しており今年も1月15日から開催予定だ。
詳細はこちら→http://www.lunghini.it/
友人のご主人であるダニエレさんは製本にも興味があるらしい。
以前、自宅にお邪魔した際、自身で製本したスケッチブックを見せてくれた。
前回の個展でスケッチブックを開いて中のイラストが見える状態で展示したそうだ。

しかし、彼はイラストレーターであり製本家ではない。
ボール紙に製本クロスも購入し、かなり本気で作ったけどね。と奥様は言う。
本の形にはなっているが。と言うことでダニエレさんが苦心して製作されたスケッチブックだったが、私に再製本依頼してくれた。使わずに残った製本クロスも一緒に。

そして再製本し直したスケッチブックと、今回の個展で使うためにとお届けしたゲストブックは、今、ダニエレさんの手元にある。
スポンサーサイト
[ 2011/01/07 16:10 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。