イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

陶芸と製本

昨年から製作中の赤ずきんちゃんにインスピレーションを受けて、陶芸家のチェチリア・コッポラさん http://www.ceciliacoppola.com/ が、赤ずきんちゃんとおばあさんに化けた狼の会話シーンを陶器で表現していた。IMG_7074-1.jpg
IMG_7078-1.jpg


おばあさんのベッドを覗き込む赤ずきんちゃん、どうだましてやろうかと虎視眈々と狙う狼。
一冊の本から、こんな風にまた新たな作品が生まれるのは本当に素敵なことだと思う。

彼女の作品は、なんと言ってもとても可愛い。動物好きのため、猫や、犬や、鳩などの作品も良く作っているし、この赤ずきんちゃんのように童話をモチーフにしたもの、キリスト教をテーマにしたものなど様々だ。
しかし、作品の雰囲気の性か決して重い雰囲気にはならない。
壁にかける、リースのようなもの、火を灯したキャンドルを入れる器など、普段の生活を楽しくしてくれる作品も多い。

その人にとって特別な一冊になるような製本を目指したい。

スポンサーサイト

タグ : 製本 ルリュール 陶芸

[ 2011/01/08 16:55 ] 未分類 | TB(0) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。