イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

bookbinder


手作業で革や布、紙で手製本された本。
写真だけでは伝わらない匂いや触り心地。
触れて、感じて欲しい。

たくさんの人にこの見て、触って感じてもらえるものを作りたい。

IMG_0307_convert_20111102205416.jpg
雨後のきのこ



スポンサーサイト
[ 2011/11/02 12:59 ] 日々のこと quotidiano | TB(0) | CM(2)
形ある本の良さ
内容を知るだけなら液晶画面でも良いのかもしれませんが、
印刷、ブックデザイン、装丁、製本・・・見て触れて臭いを感じて
って大事です。

人間デジタルだけ、効率だけじゃ満足できないもんですよ、多分。
[ 2011/11/04 16:18 ] [ 編集 ]
Re: 形ある本の良さ
あきこさん
メッセージありがとうございます。以前もいただきましたよね。
頂いたコメント同感です。
そもそも私自身がアナログタイプというのもありますが。笑。
デジタルもあり、アナログもあり、
それぞれ良いところを主張しながら共存していくのが理想です。


> 内容を知るだけなら液晶画面でも良いのかもしれませんが、
> 印刷、ブックデザイン、装丁、製本・・・見て触れて臭いを感じて
> って大事です。
>
> 人間デジタルだけ、効率だけじゃ満足できないもんですよ、多分。
[ 2011/11/06 00:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。