イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

シュトゥルーデル

マルチェッロ・ヨーリMarcello Joriさん、
イタリアのイラストレーター、漫画家であり、
アレッシALESSIの食器やモローゾMOROSOの家具なども手がけるデザイナーだ。
過去には日本の男性誌に漫画を載せていたと聞いた。

昨秋の事だ。ヨーリさんが、ある本のオリジナルを持って製本依頼にやって来た。
この本は絵も文もヨーリさん直筆の35㎝×45㎝程の大きさの本だ。
次の展示会で展示するそうだ。
すでにこの本はイタリアで出版されており、日本でもamazonで洋書として扱っている。
IMG_4953-1.jpg

さて昨年末、ヨーリさんは別の作品を持ってやって来た。
前回同様の製本依頼だ。
展示会の期日が迫っており、あまり時間が無いと言う。
数日後、ヨーリさんはどうしてもあるものが見つからず、しかし必要なので手間だが再度送って欲しいとルイジに電話をかけて来た。
これがなければ製本の仕上げもできない。
そこでルイジは工房から300㎞ほど離れたオーストリアとの国境に近い街に居るヨーリさんに宅急便で送った。
郵便事情の非常に悪いイタリアだが宅急便は果たして。
無事、荷物がヨーリさんの手元に届いたとの連絡を受けた際、ルイジは、うちの弟子が出来上がった作品を取りに来る時は、シュトゥルーデルを持ってきて欲しいと言っている。
とヨーリさんに笑いながら伝えていた。
ルイジからヨーリさんは今、北イタリアに居ると聞いたとき、本場のシュトゥルーデルが食べたい。と確かに言った。
シュトゥルーデルにビューステルの名も発している。
もしや2品か?それはかなり嬉しい。

シュトゥルーデルはアップルパイのようなもの、ビューステルはソーセージだ。
どちらもオーストリアでもそうだろうが、国境を接す北イタリアの名物でもある。

そして、本当に届くといいのだがと甘いことを考えている。
スポンサーサイト
[ 2011/01/10 16:57 ] アーティスト artista | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。