イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

リブロビアンコ7 アルコバレーノ

リブロビアンコは、
右から開いても左から開いてもOKで、
どちらを上にしても下にしてもかまわない。
このため、写真では虹のように見える大きな半円が、
逆にすれば、惑星っぽく見える。
雨のようにも見えるかもしれない。
このデザインもどんな風に見てもらってもいい。

今回は、濃紺の革を使った全革装、革でモザイクを施した。

IMG_0519_convert_20111127175410.jpg
このリブロビアンコはどうしても私の腕では革の色など美しく撮れず残念。
もっともっと濃い色の美しい濃紺の革です。

スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。