イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

リブロビアンコ8 

IMG_0499_convert_20111202170340.jpg
京都の型絵染和紙を使ったリブロビアンコ。
背部分のベージュ革はフランスのもの。
日本とフランスの組み合わせで、シックに仕上げました。

今回はマーブルペーパーは使っていないのですが、
伝統的なマーブルペーパーのフランス製とイタリア製にははっきりした違いが有るように見えます。
同じデザインでもフランスのものは、色が落ち着いたシックな色合い、
イタリアのものは、明るい元気な色を使っている印象です。
そうなると一見したときは、フランスのものはちょっと暗くて悲しくなるのですが(笑)、
他と組み合わせる時にはマーブルペーパーだけが自己主張しすぎず、どんなものでも相性がいいように思えます。
当然、イタリアのものは反対に、一見、パッと目を引き、手に取りたくなるのですが、
他との相性となると自己主張が強すぎて、戸惑ってしまいます。
もちろん好みですが、
こういう自己主張の強いものにはシンプルなものと組み合わせたくなるのが日本人である私ですが、
イタリア人は強いもの×強いものという組み合わせを難なくやり遂げてしまう気がします。

中の見返しにはトルコブルーの紙を使用。
花ぎれ部分は濃いブルーと濃いベージュの2色の絹糸です。

IMG_0503_convert_20111202165724.jpg
スポンサーサイト
服コーデするときもありますよね

柄と色の強いものは、シンプルでラインの綺麗なものと合わせたくなりますけど、イタリアンブランドは、コレクションの写真みてると、大胆というか…

着る側のレベルを選ぶ合わせで困ります(笑)

日本もデザイナーのレベルは、より先進的なくらいだと思いますが、着ている消費者が少ないというか、ワンポイントまでに抑えるどころかワンポイントもいれない風潮が満ちていて…

通勤してるとなんかがっかりします(笑)
あってなくても、少し変でも、個性の強い格好してるひと見ると楽しいのに、ちょっと残念ですね
[ 2011/12/03 10:30 ] [ 編集 ]
No title
先日はわざわざメッセージをありがとうございました。
最近まったく更新していなくてお恥ずかしいです。。

リミニ!フェリーニのリミニですね~
通過したことはありますが、立ち寄ったことはなく残念です;

素敵なお仕事ですね、イタリアで製本とは。
この日記の本も本当に素敵・・うっとりします。。
こんな美しい本にしていただけたら作品もどんなに喜ぶでしょう!
その前に装丁に負けないような内容にしなくてはなりませんね(笑)

私もまた寄らせていただきます☆
[ 2011/12/03 14:01 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
まさに!
師匠ともイタリア人クライアントのための製本ならDOLCE&GABBANA風、VERSACE風に。
なんて冗談言ってます。
イタリア(リミニですが)で思うのが、日本人の方が流行に敏感だと言う事。ミラノ辺りは別でしょうが。
日本はどの地方都市でもみんな今年のものを身につけてますよね!
おしゃれでもあり、結局みんな同じ格好だとも言え。。
“少し変”に勇気を持たなくてはいけませんね。笑。


> 服コーデするときもありますよね
>
> 柄と色の強いものは、シンプルでラインの綺麗なものと合わせたくなりますけど、イタリアンブランドは、コレクションの写真みてると、大胆というか…
>
> 着る側のレベルを選ぶ合わせで困ります(笑)
>
> 日本もデザイナーのレベルは、より先進的なくらいだと思いますが、着ている消費者が少ないというか、ワンポイントまでに抑えるどころかワンポイントもいれない風潮が満ちていて…
>
> 通勤してるとなんかがっかりします(笑)
> あってなくても、少し変でも、個性の強い格好してるひと見ると楽しいのに、ちょっと残念ですね
[ 2011/12/04 01:47 ] [ 編集 ]
Re: No title
yayaさん
お越しいただきありがとうございます。
イタリアにアートに本に。。と好きなものがかぶってて、
しかもたしか福岡の方ですよね。嬉しくなったんですよね。
これからもどうぞよろしくお願いします。


> 先日はわざわざメッセージをありがとうございました。
> 最近まったく更新していなくてお恥ずかしいです。。
>
> リミニ!フェリーニのリミニですね~
> 通過したことはありますが、立ち寄ったことはなく残念です;
>
> 素敵なお仕事ですね、イタリアで製本とは。
> この日記の本も本当に素敵・・うっとりします。。
> こんな美しい本にしていただけたら作品もどんなに喜ぶでしょう!
> その前に装丁に負けないような内容にしなくてはなりませんね(笑)
>
> 私もまた寄らせていただきます☆
[ 2011/12/04 01:51 ] [ 編集 ]
これもまた素敵ですね!
こんにちは。
次々に製作が進んでいる様子ですね。

どれを購入しようかと散々悩んでしまいますが、日本と欧州の融合でこれも
とても良いですね。

ゆっくり検討させていただきます。


そちらは寒そうなので風邪に気をつけてくださいね。
[ 2011/12/05 15:46 ] [ 編集 ]
Re: これもまた素敵ですね!
あきこさん
ありがとうございます。
コメントとても励みになります!
そして本当に好みの違いを思い知らされます。それがまた面白いですね。


> こんにちは。
> 次々に製作が進んでいる様子ですね。
>
> どれを購入しようかと散々悩んでしまいますが、日本と欧州の融合でこれも
> とても良いですね。
>
> ゆっくり検討させていただきます。
>
>
> そちらは寒そうなので風邪に気をつけてくださいね。
[ 2011/12/05 16:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。