イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

長い一日

昨日休日返上で朝から晩まで工房で作業し、
夜には師匠は工房で大の字になって寝そべっていた。

さて先日も紹介した師匠の作品。
クライアントが直々に作品を受け取りに来た。
とにかく本好き(製本工芸されたもの)らしく、何度も何度も手に取っては窓の明かりで確認していた。

この本の鳥の絵が描かれている部分。
素材である水牛の角の上に絵を描き、漆を塗ってしあげたらしい。
漆を塗ったところが見えないおしゃれなんだ。と師匠。

写真1
※事情によりこちらの写真を一時削除します。お見せできなくて残念です。
スポンサーサイト
[ 2011/12/09 08:51 ] 日々のこと quotidiano | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。