イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

パネットーネとパンドーロ Panettone e Pandoro

昨日は、クリスマス前の最後の日曜日とあって街も賑わっていた。
クリスマスプレゼントの準備に大忙しのイタリア人だ。
香水や本、下着をプレゼントに選ぶ姿を良く見かける。
どれも個性を反映するものばかりで、私などはプレゼントするの難しくない?と思うのだが、
プライベートをしっかりアピールするイタリア人達、感覚が違うのであろう。
そして、もうひとつプレゼントに欠かせないのが、
パネットーネまたはパンドーロである。
どちらもクリスマスに食べるシフォンケーキのような形をしたパンであるが、
この時期、スーパーはもちろん、パスティッチェリア(ケーキ屋さん)でも山積みになって売られている。
スーパーでは各社各銘柄のものがそれぞれ2~3種、
干しぶどうにオレンジピールの入ったクラッシックなパネットーネ、
オレンジピール抜きのもの、ドライフルーツは入らず、チョコレート入りのものなどと、
何も入ってない、パンだけのものはパンドーロ。
この売り場の風景は、さながら日本で売られるパックに入った鏡餅売り場のような感じだろうか?
スーパーを後にする人たちは必ず手にこのパネットーネまたはパンドーロの箱を持って出てゆく。
ちなみにクリスマスが終わると、スーパーでは当然値下げ販売される。
この2つが大好きなイタリア人達のおやつや朝ご飯になるのである。

そして昨日の夕方、リミニはミゾレまじりの雨が降った。
どうやら本格的な冬の到来だ。
スポンサーサイト
[ 2011/12/19 07:33 ] イタリア italia | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。