イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

リブロビアンコ10 

あるお客様からご注文いただいたリブロビアンコをお届けした。
もちろん郵送したのであるが。

こちらのお客様のご依頼内容が、
総革で好きな色である緑、特に深い緑をメインに赤と白を使ってイタリアをイメージした色使いで、
サイズは横長のA4程度。
約100ページ、本文は真っ白の無地。
とのことでした。
このご依頼内容から、イメージを膨らませて作成させて頂いたのがこちらのリブロビアンコである。
IMG_0613_convert_20111204193151.jpg



お客様が受け取られた後、すぐにお返事を下さった。
とにかく気に入っていただけたようで、本当に本当に嬉しいメッセージを頂いた。
その中の一文に、
“栄子さんの作った本で、僕も含め、より多くの人が幸せになることを祈っております”
この言葉に、私はハッとさせられた。
そうだ、私が目指しているのはここなのだと。
自分では感じていても言葉にする事が無かったが、まさにその通りなのである。

このブログを通して、またお客様にお届けした私の本を通して、
本当に素敵な出会い、気づきを頂いている。
これこそが私にとって幸せな瞬間であると言わざるを得ない。
私こそ幸せを頂いている気がしてならない。
ご購入いただいた皆様、本当に本当にありがとうございます。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。