イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

蚤の市で豆本

日曜日はあちこちで蚤の市が立つらしい。
天気が良く、ウロウロしてみると、ありました。
美術館がたくさんある界隈らしく、観光バスなども近くには停まって賑わってました。
さて、名物の焼きたてソーセージをパンに乗せただけのパニーノ(と言っていいのだろうか?)を食べ、
お腹を満足させたところで、古本の露店を見ながら歩いていると、
豆本が売られていました。私が目についた二件の古本屋とも同じように売られていたところをみると、
ドイツも豆本ブーム?と思ってしまいました。
イタリアの蚤の市では、私は豆本をあまり見かけなかったので。
しかもこの豆本達、ちゃっかりそれぞれのケースにも収められてました。


スポンサーサイト
[ 2012/03/19 07:21 ] 製本の世界 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。