イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドイツでジェラート

またジェラート。
日本食の次に懐かしく食べたくなるのはイタリアン。
イタリアに居る時は当たりまえ過ぎてそう情熱を燃やす事はなかったのだが。

さて、散歩途中に見つけたジェラテリアAmorino
値段の高そうな、そして確実に美味しそうな店構え。ナチュラルの謳い文句に誘われ、
少し肌寒さを感じながらも今を逃したら次にこの店の前を通るのはいつかわからないと、店内へ。

コーンかカップを選べ、
3ユーロ、4ユーロ、5ユーロ(6ユーロもあったかな?)と大きさが違う。
いつもはカップなのだが、4ユーロからコーンがカリカリのワッフル生地だったので、こちらを選んだ。
どうやら味も数種好きなだけ選べるようだ。
ということで、いつも大抵選ぶバニラアイスにパリパリチョコチップが入ったストラッチャテッラstracciatella、そしてヨーグルト、ラズベリーlamponeの3種を選ぶ。
上品に盛られたジェラート、確かに値段は高いけど、さっぱりした甘さでとっても美味しかった。

一人も入りやすいし、店内には少しだけどソファーや椅子が置かれているので、ゆっくり落ち着いて食べる事もできる。
確かこのお店の近くには、MUJI無印良品もあったし、ウィンドーショッピングも楽しい界隈だ。

IMG_0898_convert_20120319183902.jpg

スポンサーサイト
[ 2012/03/20 07:37 ] 食 cibo | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。