イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドイツでティラミス

しょっちゅう何か食べているようであるが、そんな事は無い。
と言いながら、土曜日に行った青空市で行列(数人列をなしていたので)のできている
カフェ&ドルチェの屋台を見つけたので、これは間違いなく美味しいのだろうと、
早速ティラミス目当てに並んでみた。

IMG_0876_convert_20120319190327.jpg

IMG_0875_convert_20120319190414.jpg

オーナー夫婦はイタリア人だったが、
ドイツ人好みの味にするためでもあろうし、当然コストを一番に考えてでもあろうが、
ティラミスと言えば。。の期待をちょっと裏切られた。それでもこれはこれでティラミスもどきで美味しかった。
というのも、クリーム部分に本来マスカルポーネを使うのだが、生クリームのみ。
クッキー(軽い食感のビスケットを使用)生地の部分には本来エスプレッソをしみ込ませてあり、
イタリアではその水分でベッチャリなっていることもよくあるのだが、
これもエスプレッソには浸っておらず、ふんわり。
それでも、ボリュームもあり、甘さ控えめなのは好感がもてる。

そして私の数少ないドイツでのケーキ注文の経験ではあるが、
どこでもなぜかケーキにフォークが突き刺してある。
スポンサーサイト
[ 2012/03/21 07:47 ] 食 cibo | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。