イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

パン

先日、またもや朝市で、美味しいパンに出会った。

ここでまた比較対象になるのがイタリアパンである。
イタリアパンはそれはそれとして、イタリア料理に合う美味しさであるし、
もちろんパンの仲間で言えば、パニーノは美味しいし、フォカッチャも切り売りのピッツァも美味しい。

しかし、朝食のためのフワッ、カリッのバタートーストに向くものとか、
パンだけでも美味しくてパクパク食べてしまうようなものはなかなかなかった。
皆無であった。

そうした状況を踏まえると、ここベルリンではスーパーのものでも美味しい。
と満足していた私であるが、今回のパンは、妥協無しの満足パンであった。

IMG_0913_convert_20120326203927.jpg

写真左のパンは、
ヨーロッパらしいずっしり重い、中身のギュッと詰まった、かぼちゃの種入りぱんで、
これは1センチ程度の薄切りにしてチーズやバターと一緒に。
朝市で買った新鮮トマトとサラダ用野菜を使ったオリーブオイルと塩、バルサミコのサラダとの
取り合わせは我ながら大満足の昼食となった。

写真右のパンは、
私の一押し、一目見て気に入ったのだが、
イングリッシュブレッドで、
2~3センチほどの厚さにカット、トーストし、バターとイチゴジャムを塗っていただいたのだが、
見た目以上、想像以上の美味しさであった。
日本で良く見かけるフワフワ軽い食パン好きではあったが、
このフワフワだけど、もっちりした水分を含んだ軽いだけではない食感が良かった。

リピート間違い無しのパンであるが、
家から朝市のある場所まで散歩がてら片道数キロの道のりを自転車で向かうため、
来週も気持ちよく晴れることを祈るばかりである。
スポンサーサイト
[ 2012/03/26 13:11 ] 食 cibo | TB(0) | CM(2)
No title
美味しいパン、いいですね。パリの焼きたてバゲットもいいですよ。ぜひ。
炊きたての美味しいご飯でできている自分の体を自覚する、そんなこともありながら、
その土地ならではの主食を美味しくいただけるのって、嬉しい事ですね。
いいなぁ~ドイツ(笑)。
[ 2012/03/27 14:48 ] [ 編集 ]
fukiさん
私、ずっとパンはフランスびいきでした。
パンを語れる程ではないのですが。。
パリに旅行すると、パンが他のモノに比べると安くて、手軽で、しかもとても美味しかったので。
何と言っても目で見て指さしたら買える!
お店のメニューだと読めるかどうかの問題と、その食材と料理に関する知識(事前準備)も必要ですよね。。
それにパリの物価の高さとか、一人旅をするとどうしてもレストランに入るのを躊躇してしまって、
そうすると朝だけは優雅にカフェで、カフェオレと一緒にクロワッサンまたは
バゲット&バターにコンフィチュール。その後もおやつにあそこのクロワッサン、
こっちのクロワッサンと食べ歩いてました。
日本に進出したPAULなんかも好きですし、ジェラールミュロのお惣菜も美味しかった。
POILANEのクッキーが大好きです!
あ、また食べ物の話だと熱が入ります。。
パリ、行きたくなりました。
今度パリの美味しい(うらやましい)情報教えて下さいね!
[ 2012/03/29 20:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。