イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

私は犬が大好きだ。
犬が居ればついつい近寄りたくなるし、触りたくなる。
四つ足の動物なら猫でも馬でも羊もヤギも見ているだけで嬉しくなるので大好きなのだが、
ことの外、犬が好きだ。
特に中型犬以上の大きさが良い。大きければ大きい程良い。
ついつい嬉しくて(?)ちぎれんばかりに振ってしまう尻尾がまたたまらない。
日本だと住宅事情などもあろうが、小型犬が多いように思うが、
海外だと、日本ではあまり目にすることのない、大型犬もよく見かける。
スラリとした姿態のかっこいい大きな犬をみかけると、あなた本当は人間でしょ?と尋ねたくなるほどだ。

気分が沈むとき、落ち込んだとき、
街の中で犬を見かけるだけでも、一瞬にして気持ちが上向きになる、
ついでに触らせてもらえたなら最高の気分になる。
触らせてくれてありがとう。である。

今では、
例えばそれまで怒り心頭だったとしても、犬を見かけただけでその瞬間、一気に怒りが冷めるほどの犬好きだが、
子供の頃は、犬が怖くて嫌いだった。
小学校に上がる前に自宅近くで数匹の野良犬に絡まれた?囲まれた後は、さらに犬が怖くて仕方がなかった。
そう言いながらも小学校の時は、給食で残したパンに、ご丁寧にも給食のマーガリンをつけて、
下校途中のなじみの犬(当時は室内犬より家の庭で飼っている犬の方が多かった)に与えていたことを
思うと、実はそう怖くもなかったのかもしれない。

IMG_0968_convert_20120407045144.jpg
スポンサーサイト
[ 2012/04/07 06:23 ] 日々のこと quotidiano | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。