イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

映画を見る

最近2本続けて高齢者を主役にした映画を無謀にもドイツ語吹き替えで見た。
まさに映像を見たであって、残念ながら言語、内容は全く理解できてはいない。

高齢者という言い方が正しいかはわからないが、
定年退職した後の老後がテーマなのである。

1本はイギリス映画「Best Exotic Marigold Hotel」
もう1本はフランス映画「Et Si On Vivait Tous Ensemble」

特にフランス映画の方は2人の主演女優のファッションが品があり若々しくキュートであったし、
部屋の中の家具屋や小物類も、新しいスタイル、デザインの食器だとか、リネン類ではなく、
きっとこういうものを高齢者の方達は大切に使っているであろうな、
というような、おばあちゃんの家に行ったら置いてありそうなモノばかりなのである。
(舞台はフランスではあるが)

そこそこ映像だけで楽しめたのだが、
一番驚いたのは、そう大きな映画館ではなかったが、
観客席がほぼ満席で、しかも映画に出演しているような年齢の人たちがほとんどであったことだ。
なんとなく日本では映画館で映画を観るのは、
映画作品にもよるが、子供連れのファミリーか、若い人(年齢には幅はあるが)が多い印象であった。
しかも、どちらの映画も笑えるらしく(同じタイミングで笑えないというのは何ともシラケてしまうのだが。。)
とにかくその映画の主人公達と同年代とおぼしき観客が、同じ場面で爆笑し、楽しんでいた事である。
そして、ドイツの高齢者達が映画をしっかり楽しむ中で、
私は当然ながら途中居眠りしていた。そのくらい心地良い映画であった。

IMG_1043_convert_20120409051603.jpg
スポンサーサイト
[ 2012/04/09 05:10 ] 映画 FILM | TB(0) | CM(2)
たぶんそちらではすでにDVDだと思いますけど、未見でしたら「アーティスト」なら無声だから言語わからなくてもイケます!それにしてもドイツ語吹替えですか、フットワーク軽いですね!こちらは桜満開、そろそろ終わりそうです
[ 2012/04/12 00:58 ] [ 編集 ]
RIDEさん
“アーティスト”まだ観ていないですが、わんちゃんが可愛いという噂の?ですよね。
わんちゃん見たいですね~♪しかも無声映画なら全く問題ないし。笑。
元々、言葉数が少ない映画って好きです。淡々と映像で見せるような、語るような。

[ 2012/04/12 01:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。