イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ダニエレさん2

さて、ダニエレさん(http://itario.blog22.fc2.com/page-2.html)の個展に行ってきた。
会場は500年もの歴史ある建物で、有名な詩人の自宅だった場所と聞く。

入口からすでにダニエレさんの世界が始まっていて、内部の特に奥深くにある中二階のような隠れ部屋のようなところでの展示は非常にダニエレさんのイラストと建物の雰囲気とがとてもよくマッチして神秘的な空間を演出していた。
-1.jpg
IMG_7365-1.jpg

さて、以前、ダニエレさんのアイデア帳を製本しなおした。これはダニエレさんの作品のひとつでもある。
今回、中二階の隠れ部屋を入ってすぐの中央に展示してあった。
主役はダニエレさんのイラストであり、製本ではない。
しかしながら、このような形で大切な作品を綴じる手伝いをさせてもらえたことをとても嬉しく思う。
IMG_7369-1.jpg
IMG_7366-1.jpg

スポンサーサイト

タグ : 製本 ルリュール 工房 古書 製本家 陶芸 道具 イタリア

[ 2011/01/18 16:10 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。