イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

グリルソーセージ屋台

ドイツの名物、、、ほとんど全く思い浮かばないが、
ソーセージなのだろう。
スーパーなどの店頭でもたくさん種類を売っているし、瓶詰めなども豊富なようだ。
街のあちこち(繁華街、観光地、朝市など)でもグリルしている焼きたてを買って食べる事ができる。

で、ソーセージを頼むと、必ずパンがついて来る。
地方や店によっても違うのだろうが、
ベルリンの場合、小さなコッペパンのようなものに焼きたてソーセージを挟み、
大抵、ケチャップかマスタードまたは両方を好みでトッピングして提供してくれる。
いわゆるホットドッグである。

これとは別に、ソーセージの屋台では、カレーソーセージなるものも提供していることがある。
グリルまたは素揚げした(多めのオイルの中で焼かれているので)ソーセージを一口大にカットしたものを、
片手で持てる程度の紙のトレイに入れ、
その上に私にはちょっと甘めのケチャップとカレーパウダーをふりかけている。
このとき、フライドポテトもあれば、一緒に注文する人が多いようだ。

IMG_1107_convert_20120415055359.jpg
パンをカットして、グリルした熱々のソーセージを挟み込む

ちなみにこの屋台では、お店のお兄さんの大きな手からもはみ出す大きさで、
1本(1個?)1.8ユーロ(190円程度)
スポンサーサイト
[ 2012/04/16 06:35 ] 食 cibo | TB(0) | CM(4)
ひゃ~、ビールが美味しくなるわけですね。食べたい~。
[ 2012/04/17 10:30 ] [ 編集 ]
fukiさん
ビール好きなんですね~。
私はあいにく、アルコールは体質的にも合わないので、
良いのか悪いのか、ソーセージだけを頬張ってます。。
イタリアではワイン、ドイツではビールと、何だか楽しみを一つ損しているような感じもあるんですけどね。
[ 2012/04/17 20:18 ] [ 編集 ]
お~!!これは前に話していたソーセージですね。
すっごく大きくて食べ応えがありそう。しかもおいしそう!!
それでいて1.8ユーロだなんて安過ぎますよね。
いいな~、羨ましい。
[ 2012/04/23 04:58 ] [ 編集 ]
noziさん
これですよ。これ。熱々です。
これは美味しいもの宝庫のイタリアにも自慢できるかも。これだけは。。はは。
[ 2012/04/23 15:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。