イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オブジェ

天気もよかったので、バスに乗るところを少し歩いてみた。
すると、ある建物の壁に鳥の絵が描かれてあるような面白い場所があった。
IMG_1139_convert_20120420002620.jpg

よくよく近づいてみると、鳥ではなく、
天使のオブジェが、壁一杯に突き刺さっているのである。
IMG_1140_convert_20120420002651.jpg

良くもまあ、こんな面白い事を考えつくものだと思う。

そういえば、イタリアではクリスマスの時期、
バッボナターレ(サンタクロース)の衣装を着た等身大とまではいかないが、
なかなか大きな人形を窓やベランダから下げた梯子にぶら下げ取り付けているのを見かける。
昼間は微笑ましくていいのだ。
しかし、日が暮れてからが怖い。
誰かが壁づたいに部屋に侵入しようとしているように見えてドキリとしたことは、
一度や二度ではない。
スポンサーサイト
[ 2012/04/20 00:37 ] 日々のこと quotidiano | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。