イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ベルリンでケバブ

イタリアでもあちこちにあったケバブ屋であるが、
ベルリンでのケバブ屋の多さはイタリアのピザ屋&切りピザ屋以上ではないだろうか。
さて、今、私のガイドブックは、個人が書いているブログ。
きっと美味しい店があるだろうと、ネット検索。
これはというお店を紹介したベルリン在住の日本人のブログを拝見。
この方が書かれた「素顔のベルリン」というガイドブックも携え、
天気の良かった本日、地下鉄を乗り継ぎ向かってみた。

IMG_1171_convert_20120424222716.jpg
まだ12時になったばかりだったからでもあろうが、すでに行列が

IMG_1178_convert_20120424222344.jpg
注文を聞き、手際よくケバブを作るお店の人

IMG_1181_convert_20120424220644.jpg
写りは悪いが、私の頼んだ、チキンの入ったケバブ2.90ユーロ(約300円)
グルグル回転しながら焼かれるチキンの他、タマネギをはじめとした生野菜、
グリルというより揚げ野菜(パプリカ、ジャガイモなど)、その他、数種のソースに
最後にカッテージチーズのようなものがふりかけられてある。
20分程度並んだけれど、その甲斐がある美味しさであった。
その後、このケバブ屋の目と鼻の先にあるカレーソーセージの店にもハシゴするつもりでいたのだが、
ケバブがかなりのボリュームであったため、断念。
スポンサーサイト
[ 2012/04/24 22:31 ] 食 cibo | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。