イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

蚤の市で古本

5月1日メーデーのため、ドイツでは祝日である。
大きな蚤の市があるらしく、出かけてみた。
目移りしながらも、ここ数日の暑すぎる程の天気の良さで、
長居することはできなかったが、

可愛い表紙の古本を見つけたので購入した。
若い可愛いお姉さんが開く、アンティークというより、フリーマーケットに近い商品構成の
そのお姉さんの部屋から持ち出されたような、洋服や靴、雑貨に混じって、
籠に入った数冊の古本。
花のデザインの表紙の可愛さに魅かれて、手に取ってみる。
表紙をめくると、一ページ目に何やら直筆のメッセージが。
1944という数字で締めくくられているところをみると、
この本が出版されたのは、
どうやら70年程前の本と言う事らしい。
ドイツで印刷され、ベルリンの出版社から出版されたものらしいが、
その他、詳細のわかる奥付が見当たらない。
いずれにしても、随分古いものらしい。
表紙は厚手の紙表紙がつき、
ページをめくり、中を見ると、糸綴じになっている。
再製本してみるのも面白そうだと、
落札価格を心の中で念じ、お店のお姉さんに値段を聞くと、
なんと、私が心で思い浮かべたこの値段だったら安くていいな。の金額ピタリであったため、
即購入した。

IMG_1369_convert_20120502020340.jpg

IMG_1373_convert_20120502013813.jpg
スポンサーサイト
[ 2012/05/01 23:55 ] 本 libro | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。