イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

変化する

子供の時は、幼稚園や学校の入学、卒業、転校など
自分の意志とは関係なく環境の方が変化していく。
そのうち高校や大学、就職など自分の意志でいろんなことを選択していく。
それでもやはりある程度、そのルールの中にいれば、否が応でも周りが変化していくので、
そこに自分を調整し合わせていく。
その間、自分や周りの変化を不安に思ったり、変化の無い生活を退屈に思ったり。厄介である。

以前、イタリアで製本修行をすると決め、イタリアの地に到着した当初もそうだった。
イタリアで過ごす、常に新しい何かを発見、吸収できる事を喜びながらも、同時に
勝手のわからない、言葉のわからないこの土地で本当にやっていけるのだろうかと
好きで選んだにも関わらず漠然と不安だったことを思い出す。
しかしそれも時間と共に解決し、少しずつ事情がわかってくると、今度は去り難くなった。
そして新しい発見だと思っていた事もイタリアでも日本でも同じようなことが起こりうる事もわかってきた。
もちろんその国特有のものもあるが。


さて、今また私は自分が決めた変化に戸惑っている。
日常を淡々と受け止めることができるようになるまで、
日々、同じ事の繰り返しになり、それを楽しめるまで、あとどのくらい時間がかかるだろう。
スポンサーサイト
[ 2012/05/17 13:19 ] 思うこと | TB(0) | CM(2)
きっと、考えているより素敵な日常がやってきますよ。とかいう私も迷える子羊(羊か?)
とにかく、会える日を楽しみにくびを長くしてお待ちしていますよ。
[ 2012/05/17 22:05 ] [ 編集 ]
fukiさん
ありがとうございます。
私もコロコロ大きく育った羊ですね。笑。
楽しい妄想をしながら、お会いできる日までふわふわの羊毛でも育てましょう♪
[ 2012/05/20 18:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。