イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

製本テクニック本

ドイツ語で書かれた製本、本の構造に関する本を見つけた。
もちろん、残念ながら読めません。

FRITZ WIESE著 ”DER BUCHEINBAND”
良い本なのか、どうなのか全くわからなかったのだが、
購入の決めてはこの本が第7版であったこと。


マニアックな内容の本(だと思われる)にも関わらず、
1983年の初版から、7回も版を重ねて出版されているということである。
人気がなければ、購入者がいなければ版を重ねて出版される事は当然無いだろう。
スポンサーサイト
[ 2012/05/18 03:38 ] 本 libro | TB(0) | CM(2)
こういう本が存在するってことがヨーロッパですね、やっぱり。字でびっしりですね(笑)。
[ 2012/05/18 09:26 ] [ 編集 ]
fukiさん
文字だらけです。
まだ手はつけてません。興味のあるところだけ地味に辞書をひいてみる予定です。
[ 2012/05/20 18:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。