イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

タイミング

人との出会いもそうだが、
本、絵画、映画など何にしても絶好の出会いのタイミングがあるように思う。
もちろん、楽しみのための場合はそうとは限らないだろうが、
それでも、同じものでも見る時期によっては感じ方が違って来る。
昨日は、ばかばかしく思えた場面が、今日は笑えるとか。
今日は何の感動もなかったものに、明日は涙を流すとか。

たまたま誰かが不意に発した一言が、
タイミングが合えば、心に響き、新しい一歩を踏み出すきっかけになり、
違えば、一緒に笑い転げて終わる一言かもしれない。

焦っても手に入らない“タイミング”だけど、
自分はどんなコトを待っているのか。ということを、自覚していないと、
うっかり者の私などは見過ごしてしまう。

そして、タイミングの悪さで言えば、ダントツの宅配物。
いや、私のタイミングの悪さか。
今か、今かと待ち構えながらもほんのちょっと留守をしたその時間帯にやってくる。
慌てて自宅に帰ってみると、不在通知の悲しいメモが一枚。
当然ながら、そう全てのことはうまくは行かない。
スポンサーサイト
[ 2012/05/26 21:59 ] 思うこと | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。