イタリア製本工房の日々

「イタリア、リミニの工房で一冊、一冊、それぞれの本の個性を探りながら製本中」でした。そして2012年からは新たな場所で活動予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドイツ語を

さすがにドイツに居るのだからと、
やっと重い腰を上げてドイツ語を習得すべく、勉強することにした。
一応やる気はあったのだが、のらりくらりと、
テキストを広げては、文法ルールの面倒くささの壁にぶつかり、逃げていた。

全くドイツ語を知らない状態で街の雑音を聞くだけだと、
イタリア語と比べれば、濁音、子音の言葉が多い。
耳で聞いた言葉を文字にするのも、
文字で見た言葉を発音するのにも苦労している。
もちろん、相手が発した言葉を真似ることすらできないでいる。

数ヶ月前は、“ありがとう”の“Danke ダンケ”さえ咄嗟には出て来ず、
最初はとにかくイタリア語の“Grazie グラッツェ”一辺倒。
そのうち、なぜかフランス語の“Merci メルシー”になり、”Thank you”を経て、
今、やっとやっと、”Danke”に到達した。
何と時間がかかったことだろう。
我ながら情けないが、しょうがない。

とにかく、一歩ずつしか進めないのではあるが、
それにしても、一つ新しいドイツ語の言葉を覚えると、
元々いい加減であったイタリア語を数語忘れているように思えるのは気のせいでは無いようだ。
スポンサーサイト
[ 2012/06/07 04:30 ] 日々のこと quotidiano | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。